Profile

サンル川を守る会(北海道)

Archive
Category
Recent Entries
Recent Comments
calendar
11 « 2018 / 12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent Trackbacks
Links

BLOG内検索


サンル川の春・進行中
2007 / 05 / 12 ( Sat )
雪解けの増水期をむかえたサンル川

ゴールデンウィークの前後、サンル川の流域では、雪解けが一気に進みました。
名寄川、サンル川の水位は大きく上がり、普段は水が流れないところまで、濁った水が押し寄せていました。
雪解けの増水を利用して、サクラマスのスモルト(銀毛ヤマメ)は海へ下り、親魚は海から川に入り溯ります。また、流れの緩やかな岸辺では、この冬に生まれた稚魚が、群れをなして泳いでいます。
春の増水の中で、サクラマスの世代が交錯していきます。


◇冬に生まれたヤマメ(サクラマス)稚魚・5月

◇冬に生まれたヤマメ(サクラマス)稚魚・5月
体は小さくても立派なパーマークが現れ、
尾ビレはきれいなピンク色をしています。
続きを読む
サンルの自然 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top
サンル川・春の自然観察会の開催お知らせ
2007 / 05 / 12 ( Sat )
ヒメギフチョウの観察、山菜採りと料理で春の味を楽しむイベントをお知らせです。

日  時:5月20日(日曜日)午前8時30分
集合場所:下川町公民館集合(受付8時より受付)
昼 食 会:公民館で全員による山菜調理と食事による交流
解  散:午後2時
参加費用:大人400円 子供200円        
持 ち 物:昼食(おにぎり等)、山野を歩く服装(長靴、軍手など)
その他(ナイフ、袋、新聞数枚) ごみ袋用意。
※17日頃までに申し込みをお願いいたします。

主催:下川自然を考える会
連絡先:01655-4-4560(早田)


ヒメギフチョウ

◇羽の模様が美しいヒメギフチョウ(絶滅危惧種)

●ヒメギフチョウについて
『フリー百科事典 Wikipedia』


●下川町公民館の地図
・北海道環境生活部文化レクリェーション情報提供システム
・ヤフー地図
イベント情報 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top
サンルダム計画を問う小冊子が発行されます
2007 / 05 / 12 ( Sat )
『サンルダムへの疑問 〜住民の意見が反映された天塩川の整備計画作成を!〜』

(社)北海道自然保護協会と下川自然を考える会、サンルダム建設を考える集い、名寄サンルダムを考える会から、サンルダム問題を紹介する冊子(A4判12ページ)が、5月中旬に発行されます。
サンルダムに関する未解決な問題を、建設目的である治水・利水・環境と、地元の財政など生活に関わる項目にまとめています。
冊子は無料ですが、送料のみ御負担下さい。

●お問合せ/申込み
(社)北海道自然保護協会 
Tel/Fax : 011-251-5465
E-mail : info@nc-hokkaido.or.jp
URL: http://nc-hokkaido.or.jp/

サンルダム問題を紹介する小冊子


※図表に訂正があります。
続きを読む
サンルダム関連 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top
サンルダムとサクラマスに関する市民シンポジウム(開催報告)
2007 / 05 / 12 ( Sat )
4月、サンル川のサクラマス調査に関する報告集会が開催されました。
14日は札幌、15日は名寄で開催。両会場合わせて、約150名の参加者がありました。主催は、サンル川の調査を行った「天塩川の自然を考える会」。共催は日本自然保護協会。

【主な発表】
●宮田修氏(天塩川の自然を考える会代表)…サンル川の自然や生物、今までの経緯を紹介。
●大野正人氏(日本自然保護協会)…全国的な視点より、サンルダム計画の問題を指摘。
●小野有五氏(北海道大教授)
 …名寄川の治水対策について、実際に発生する水害の原因に即した対策の重要性を説明。
●村上哲生氏(名古屋女子大教授)・程木義邦氏・大林夏湖氏
 …ダム建設が河川環境とサクラマスに及ぼす影響を報告。

後半のパネルディスカッションでは、市民的な関心と、市民意見の河川計画への反映の大切さについて、話し合われました。

4月に札幌、名寄で開催された市民シンポジウム(札幌会場)

イベント報告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top
はじめに〜このブログの説明
2007 / 05 / 12 ( Sat )
私たち「サンル川を守る会」では、メールマガジン『さんる川通信』を発刊しています。『さんる川通信』を通して、サンル川の自然、そしてこの川に計画されているサンルダムの問題を、現在進行形で感じ、考えていただけたらと思います。

『さんる川通信』は、テキストによるメールマガジンと、Blog形式による写真コーナー『サンルの窓』から構成されます。

サンル川は、北海道北部を流れる大河天塩川、その支流名寄川のさらに支流にあたる小さな川。天塩川の河口からは170km〜200kmほども上流にあたります。

この川は、サクラマスが自然産卵を行う川としても有名で、9月から10月にかけて、3000尾ものサクラマスが遡上しています。

サンル川ダム予定地上流側・五穀橋より


◆2006年10月22日、NHK『さわやか自然百景』で、「サクラマスのふるさと・サンル川」として
サンル川と、サクラマスの生態が放映されました。
・取材日記
・NHK札幌放送局
このブログの説明 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top
| ホーム | 次ページ

〜メールマガジン『さんる川通信』〜

メルマガ登録
メールアドレスを入力し「登録」ボタンを押してください
 

メルマガ解除
メールアドレスを入力し「解除」ボタンを押してください
 

BIGLOBEメルマガサービス カプライト